桜柄の着物~季節のお花の描かれた着物

「着物って、季節の花とか面倒くさい」という方も少なくないかもですよね。
通年着られるきものってとても便利だし、やっぱり楽。

でも最近は「あ〜やっと桜が咲くな」「あの着物が着られる!」
と胸躍らせています。

これは去年、ちょうど桜が満開の時期に着ました。
絞りに、墨のような色で桜の陰が描かれていています。

あまりこだわりすぎないで欲しいのですが。
一般的に、粋な着方と言われるのは、描かれている花が咲く1ヶ月前くらいから、咲き出したくらいまでと言われています。
散り際まで着るのは野暮と言われます。

桜については、枝や幹が描かれているものは、季節を限定して。
桜の花だけなら日本のお花なので通年着ても良し。

抽象的に描かれてる場合には、一見何の花なのかわかりにくいので、
そういったものはあまり季節を気にしなくても良いという人もいますね。

でも、何というか。その季節にだけ着れる着物があってもいいのかなと思います。
1年中着てはダメというのではなく、楽しみに待つそのワクワクした気持ちは、きものならではのものかな?と思うと
大切にしたいんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です